言語聴覚士ってどんな仕事【幅広い分野で活躍できる資格です。】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急性期病院で働く現役の言語聴覚士です。

理学療法士や作業療法士は聞いたことあるけど、言語聴覚士ってどんな仕事なの?

と思われている方に簡単に言語聴覚士を紹介する記事になっています。

この記事では以下4点の内容を紹介します。

言語聴覚士の仕事内容

 言語聴覚士はSpeech-Language-Hearing Therapist の略でSTと呼ばれることが多いです。言語聴覚士の仕事は幅広いです。病気や生まれつきによる言語聴覚音声認知発達摂食・嚥下の障害に対して評価を行い、訓練や指導・支援します。

 理学療法士(PT)、作業療法士(OT)と共にリハビリテーションの専門職の一つです。

 【具体的には】

  • 言葉が上手く話せなくなる(失語症、構音障害)
  • 集中できなくなる、記憶できなくなる(高次脳機能障害)
  • 上手に発声できなくなる(音声障害)
  • ことばの遅れ(言語発達遅滞、構音障害)
  • ご飯が上手に食べれれない、ミルクや離乳食が食べられない(摂食・嚥下障害)
  • 読み書きが上手にできない(学習障害)
  • 周りに馴染めなく生活に支援が必要(自閉症などの発達障害や知的障害)
  • 耳が聞こえにくい(聴覚障害)

などの症状に対して評価を行い、訓練や指導・支援をします。

言語聴覚士になる方法

言語聴覚士になるためには言語聴覚士の養成課程がある学校を卒業して国家試験に合格しなければなりません。言語聴覚士は高卒課程と大卒課程があります。大学を卒業していると最短で2年で資格を取得できます。ちなみに同じリハビリ職の理学療法士や作業療法士には大卒課程はありません。

 日本ではまだマイナーな仕事ですが、アメリカなどでは広く認知された仕事で大学院修士課程(言語療法士)や博士課程(聴覚療法士)の教育歴が必要です。

言語聴覚士の職場

 病院などの医療機関に勤めている人が多いですが、老健などの福祉施設、訪問リハビリ、放課後デイサービス、小学校に併設されている言葉の教室、ろう学校、補聴器や人工内耳の会社やNPO法人などを立ち上げて個人で活躍されている方もいます。

 訪問リハビリなどはパートタイムで働いても時給が比較的良いのでママさんSTなどは働きやすいですね。

 言語聴覚士は理学療法士や作業療法士と比べて女性の比率が高く、女性が多く活躍しています。養成所では7~8割が女性でした。ちなみに私は男ですが、男性でも活躍されている方は多いです。女性が多い分、男性が重宝される場合もあります。

言語聴覚士の今後

 今後はAIなど普及で多くの仕事は代替される可能性がありますが、言語聴覚士の仕事は一人ひとりの患者さんと向き合い問題を解決していく仕事であり、AIでの代替は難しい仕事の一つです。また、高齢社会が進み寿命が伸びている日本では言語聴覚士のニーズは益々高まってくると思いますし、現在でも潜在的なニーズが大きいと感じます。

 就職先は場所を選ばなければ困ることはないですし、公立病院などに勤めて公務員になることも比較的簡単です。ただ、入職することは簡単ですが、様々な症状を抱える患者さんと接する訳ですから、常に勉強する必要があり、長く続けることの方が難しいです。

 個人的にはとてもやりがいがあり、将来性のある仕事だと思っています。今後は高齢者のニーズだけでなく小児の分野でも活躍の幅がもっと広がってくると思います。

>>リハビリ職に将来性はあるのか【今後のリハビリ職の収入は激減か?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*